JR各社・関西私鉄・その他・私鉄各社

【旅の景】丹後からの帰り旅 その1 丹後から九州への帰途旅です。

アシヲヂ / ashiwodi

丹後からの帰り旅 その1 丹後から九州への帰途旅です。城崎温泉から京都丹後鉄道経由「はしだて8号」で京都へ。京都府

「824列車をたどる旅」で福知山まで来たので、前々から行って見たかった「伊根の舟屋集落」と「天橋立」を観光、さらにこれも前々から乗ってみたかった京都丹後鉄道(以下、丹鉄)に乗り、両者を堪能しての帰り道です。

帰りは城崎温泉駅から。豊岡で乗り換え、丹鉄経由JR山陰線直通の「はしだて8号」で京都までです。
丹鉄~JR西日本直通の「はしだて2,5,8,9号」は丹鉄の「丹後の海」車両で運用されています。この車両は既存車両を順次リニューアルの上、2015年より走り始めた車両で、リニューアルデザインはドーンデザイン研究所によるものです。
乗車した「はしだて8号」は、夕暮れの豊岡駅を17:00に出発。途中久美浜までは快速列車として走り、以降は特急列車となります。途中でとっぷりと日は暮れ、人家の明かりまばらな中を走り、福知山駅には山陰線直通のためにJR線ホームに入線。綾部駅では、同じく「丹後の海」車両の東舞鶴発「まいづる14号」を併結。4両編成となって山陰線を快適に飛ばし、20:21に京都に到着です。


おすすめコンテンツ